カジノ初心者が知っておくこと

マカオでカジノをするならやっぱりバカラ

バカラはマカオのカジノではハイローラー(高額ベット者)にとても人気があります。
ウワサではカジノの売上の8割が彼らによる売上だという話も。

古くはヨーロッパの貴族の間で盛んに行われていたカードゲームで、かーどの配り方、のぞき方に独特の風習が残っており、非常に格式張っています。マカオのカジノでのバカラルームは個室になっている場合が多いです。ほかのゲームとは一線を画しているような感じさえもします。

最低の掛け金は100香港ドルほど。本日のレートヤフーファイナンス
ラスベガスの最低掛け金の100ドルと比べると間口が広いカジノになっています。

バカラは、バンカー(カードを配る人)が勝つか、プレーヤー(プレーヤーエリアに最も高額を賭けた人)が勝つかの2者択一のゲームで、頭脳も経験も全く関係ない。

勝負はバンカー対プレーヤーの1対1で、ほかの人々はゲームには加わらず、ただどちらかが勝つかに賭けて結果を見守るだけです。

2枚のカードが9に近い方が勝ち。ブラックジャックとは違い3枚目のカードを引くか引かないかを選択する余地はありません。

カードの数え方にはいろいろなルールがありますが、はっきり言って何一つ知らなくてもいいです。バカラには「しぼり」と呼ばれるカードののぞき方があります。

わざわざ端の数字を指でかくしてカードを少しだけめくり、マークを覗いて数を推測します。チャッチャとカードをめくれば良いと思いますが当人はそうはいかないようです。なんせ一番高額を賭けた人でもあるわけですからね。

一方、もっと気軽に楽しめるのがミニバカラです。バカラを半分にしたようなテーブルで、最低の掛け金も低めに設定されています。プレーヤーの約もバンカーの約もすべてディーラーが進行してくれるので、自分で計算する必要がなく、カードに触れることすらしません。プレーヤーが勝つと思うかバンカーか、引き分けか。選択肢はこの3つだけです。

手数料はバンカーに賭けて勝った場合のみ5%程度を手数料として差し引かれます。

バカラってカジノの現場で見ているとなぜか、
バンカーが、めちゃくちゃ続くテーブルが出てくるんですね。

勝手にバンカーラッシュって呼んでますけど、もうバンカーに賭けておけば勝てるみたいな・・・。平気で10回以上続いたりしますからね。確率とは言え怖い話です。

ダメなテーブルを早く見切ることも勝負のカギになってくると思います。深手を負わないうちに違うテーブルに移動。私の場合、ツキがあるときは一発目に来る時が多いですからね。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close