マカオカジノの裏情報

マカオカジノの歴史

マカオのカジノは、ポルトガル統治時代の1847年に本国から認められ、今日まで165年以上の長い歴史をもっています。

20世紀には、香港のお金持ちをはじめ、世界中からギャンブラーがやってくる「アジアのモンテカルロ」と称されています。そんなマカオのカジノの象徴となったのがリスボアで、マカオ独特の「大小(だいさい、だーさい)」というゲームが呼び物になりました。

1960年代からは少数の経営者がカジノ経営権を独占していたが、中国返還の2001年にマカオのカジノは外国資本にも開放され、2004年5月にはアメリカのカジノチェーンであるサンズが初めてラスベガス式のカジノ「サンズ」を新口岸にオープンさせ新しい時代の始まりとなりました。

ウィン、ヴェネチアン、MGMなどラスベガス式のカジノが相次いで上陸を果たしたことによって、マカオでのカジノ=ギャンブルの雰囲気を変えていったのかもしれませんね。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close