マカオカジノの裏情報

ポーカーで7億円ゲット!

2011年、11月9日に行われたポーカーの世界大会の優勝者の賞金は日本円で約7億円。 舞台は米ラスベガスのカジノ「リオ・ホテル・カジノ」同大会に参加したのは、世界85カ国から集まった6865人

観客の騒ぎ方が尋常ではない中、見事優勝をしたのはドイツ人男性ピウス・ハインツさん22歳。優勝が決まった瞬間の映像は見ているだけでも鳥肌が立ちました。

優勝したときの彼のコメント。「今日は人生で最も幸せな日。でも、まだ信じられない!」とコメント。また、「とにかくミスをしないように集中した」とも語っている。ミスさえしなければ勝てるという自信が勝利を生んだのかもしれませんね。

いろいろ調べてみるとポーカーのプロは世界中に多数存在するようで、2012/06/22に行われたポーカー世界選手権の優勝者は日本人の木原直哉さん(30歳)東大を8年で卒業し現在はプロのポーカープレイヤーとして活躍しているそうです。

彼のコメントは「冷静に打てたのが良かった。大会中は寝れなかった」と話しています。

どちらの勝利者も「自分自身を信じれば勝てるという強い確信を持っていた」といったところなんでしょうか。まるで漫画の「金と銀」に出てくるようなセリフのようです。

3日間の日程で行われた「ポット・リミット・オマハ/シックス・ハンデッド」に参戦。419人の中から勝ち残った11人で優勝を争い、決勝の6人テーブルで米国人5人を退けた。優勝賞金は51万2029ドル(約4096万円)。

ポーカーの大会には特徴があって、多くの大会は参加するためにそれぞれ参加費用として数十万円を支払うようです。その集められた参加費用が優勝賞金になるというわけです。優勝賞金が数億円単位の大会ですとスポンサーが出す分もありますが参加費用が数十万円になるのはいたって普通なようです

マカオのカジノでポーカーのイメージはないですね。どちらかというとポーカーはベガス。マカオはバカラと大小が人気ですね。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close